頭汗に気をつけて 頭の汗を防ぐ方法

そろそろ汗が気になる季節になってきました


このブログでは主に頭の汗の対処法について触れていますが、他の部分でも汗をかき過ぎる状態であれば気になるのは間違いありません。

多汗症に悩まされているのならば、冬でもある程度汗に悩んでいたとは思うのですが、そろそろ本格的な汗の季節が到来しそうです。
最近は、春になったと思ったらすぐに猛暑がやってくる…ということが多くなっているようなので、早めの準備が必要です。

頭の汗・顔の汗はデオドラントスプレーやクリームを塗ることができないので、事後対処と言えばタオルで拭きとるくらいのことしかできません。
それでOKと言いたいところですが、拭きとることによって臭いの心配も出てきます。

「自分、臭ってないかな…」なんて気にすることによって、精神的に影響されて、さらに汗が出てくることに…。
そんなことにならないように事前に行える対処としてオススメなのが多汗症改善 田村式

この方法は、整体院を開業している田村先生が公開しているプログラムで、ストレッチ系の対処法です。整体師の方だからこそわかる多汗症の原因を提唱してくれています。

汗をたくさんかくようになったのは、体の不調が影響しているから…。
ストレッチによって体の不調を改善し、多汗症の克服を目指すのもひとつの手段だと思います。



頭汗に気をつけて 頭の汗を防ぐ方法

頭の汗は冬でも大変

汗をかいて周囲の人の目が気になるのは夏だけと思いきや、冬でも大変な人は意外に多いと思います。
これは単なる気温の問題というよりも、やっぱり『精神的な汗』もしくは『体質的な汗』に悩む人が増えている証拠かもしれません。

精神的な汗というのは、緊張することによって出る汗のこと。
手に汗握るなんて言いますが、人は緊張すると汗をかくものなのです。
例えば、普段は人前に立つことがない人が仕事でプレゼンテーションなんてすることになったら、絶対に汗をかきますよね?

この点について、緊張で汗をかくことが全く理解できないという人はいないと思います。
ただ、問題なのはその汗の量。
少し汗ばむ程度であれば、周囲の理解を得られますが、したたるほどの汗をかいていれば、変な目で見られる可能性も出てくるのではないでしょうか。

また、体質的な汗についても、内臓脂肪の貯めすぎだったり、健康関連で汗をかきやすくなっている人は増えているそうです。
冬でも電車の中は暖房が聞いているわけですし…、冷え性の人がいる反面、汗をかきやすい人の苦労は放置していれば1年中…という時代になっているのかもしれません。

頭汗に気をつけて 頭の汗を防ぐ方法

頭汗について

頭汗とは

頭にたくさん汗をかくことによって、困っている人はたくさんいるようです。
気温が高くなれば、汗をかくことも多くなるのは当然ですが、温度とは関係なく、多くの汗をかいてしまう症状を持った人もいるようです。

髪の毛があるので、汗をかいたかどうかわかりにくい部分でもある頭部ですが、顔にまでダラダラと汗が落ちてくるほどであれば、多汗症である可能性があります。

それほどの症状であれば、他人の視線を気にする必要もでてきますし、他の部分としがって制汗剤などを使うわけにはいかない…

そういう意味で、そのケア方法にも難しい点があるようです。

また、隠すことができないというのもひとつのデメリットなのではないでしょうか。
多汗症というと、ワキや体の一部に症状があらわれる人が多いらしいですが、服で隠すことができることや、パッドを使うなどして、それなりの対策を取ることは可能です。

しかし、頭となるとどうしようもないというのが現状。
特に女性などは顔に汗が落ちてくることでお化粧に関連する悩みも出てくることでしょう。

また、臭いが気になることも忘れてはいけません。
外出先で、ケアをすることが難しい為、臭いをどのようにして抑えるかということも対策のひとつとして考える必要があるようです。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。