頭汗に気をつけて 頭の汗を防ぐ方法

頭の汗の原因について


頭の汗の原因は1つなのか!?


頭の汗を始め、多汗症の原因についての情報を掲載しているサイトや雑誌を見かけます。
『主な原因は…』という見出しで掲載されていることが多いように感じますが、
そもそも多汗症の原因は1つなのでしょうか…。
そして、全ての人が同じ原因なのでしょうか…。

この点について、しっかりと認識してから対処にあたることが大切です。


 頭の汗の主な原因…その内容とは!?


気にし過ぎ(精神的なもの・緊張)からくるもの

病気や疾患(内蔵型多汗のタイプ)からくるもの

交感神経・ホルモンバランスの崩れからくるもの


例えば、デオドラントスプレーや制汗シートが、これらの対策になるかというと、全くなりませんよね。
多汗症で悩んでいる人は、スプレーや制汗シートでは、全く効果がないほどの量の汗をかくことが多いと言われていますが、原因に対して、行っている対処にズレがあるので、効果がないのは当たり前と言えるのかもしれません。


もちろん、使用することで悪化するわけでもないですし、臭いの防止などの目的で使うことは全然ありだと思います。
ただ、それだけで『効果がなかった』と諦めるのは間違っています。


原因については把握しているのに、実際に何も行動していないという人も多いのかもしれません。
それは、行動力がないという問題ではなく、対処法が開示されていない場合がほとんどです。


それぞれの原因に対して、何をすべきなのか…。
そして、それはどのくらいの時間とお金がかかるのか…。


それが、頭の汗をかかない方法へと繋がっていきます。
自分の場合は、何が原因なのか…。
これらを把握した上で、改善に取り組むと改善のスピードも大幅に上がります。









頭汗に気をつけて 頭の汗を防ぐ方法

頭汗の原因について

頭汗原因について

頭汗の原因には、どのようなものがあるのでしょうか。
頭部の多汗症に悩んでいる人は、かく汗も尋常ではないようです。

水をかぶったのではないか…と思うくらい汗で頭がびしょびしょになっている。

そこまでの症状を起こすには、単なる気温の問題ではないようです。

主な原因とされるのが、交感神経。
交感神経が過敏過ぎる為に、頭部にものすごい量の汗をかいてしまいます。

つまりは、気温などの外的要因ではなく、精神面での内的な事が影響を及ぼすというわけです。

体の一部に多くの汗をかくことを多汗症と言い、手のひらや脇などによく症状がみられますが、頭汗に関しても原理としては同じようです。

しかし頭は隠すことができない上に、人に最もよく見られる部分ということで、「恥ずかしい」と言った感情を抱きやすく、そのことがストレスとなって、ますます汗の量が増えてします。
そんな、悪循環に陥ることも多々あるそうです。

確かに、タオルで簡単に拭き取ることができる部分ではありますが、人に見られるという部分では、交感神経を最も刺激してしまうのかもしれません。

汗の対策と言えば、制汗剤などの商品が売られていますが、頭に施す対策の商品はあまり販売されていないようですね。

気になる人は、専門医に診てもらうのが一番早い対策となるのではないでしょうか。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。